食品用中心温度センサーを買いました

お店で売られている生の食品には加熱用と表示されているものがあります。食べる際に加熱が必要ということですが、どのくらいの温度でどのくらいの時間加熱したらよいのかという表示は普通ありません。よく調べてみると、食品ごとに必要な加熱温度や時間は異なり、それは保健所によって定められているそうです。例えば、加熱用の牡蠣の場合なら、中心温度90度で3分間の加熱が必要とされています。また、豚や牛のレバーは中心温度75度で1分間加熱すれば病原微生物などは死滅するのだそうです。牡蠣にしても、レバーにしても加熱し過ぎると美味しさが損なわれてしまいます。でも一方で加熱不足による食中毒などにも気をつけなければなりません。そこで問題になるのは中心温度です。いくら沸騰したお湯の中で煮たとしても、食べ物の中心に十分な熱が届いていなければ意味がありません。そこで食品用の中心温度センサーというものを買いました。食べ物などの半固形物の内部温度が測れるように長い針が付いている温度計です。これを使うと加熱し過ぎたり、加熱不足になったりせずに適度な加熱ができて便利です。自分は牡蠣とレバーの加熱に使っていますが、じゃがいもなどを煮る時にも使えると思います。http://www.akomprod.com

いつか終わるネトゲを、少しでも長く楽しむ

つい昨日、少し興味があって調べてみたことがある。それは、私が数年間に渡ってどっぷりハマってきたネトゲの人気ランクである。

ネトゲの世界も日進月歩、百花繚乱である。実に多様なネトゲが表れては消え、また表れてを繰り返している。そんな厳しい世界であるから、すでに真新しさも薄れた「私がハマっているネトゲ」のランクもそれほど期待はしていなかった。調べた結果は、予想通りそれほど高いものではなかった(ランク外になるような不人気ぶりでもなかったが)。

そんなことを私が調べてみたくなったのは、「ネトゲもいつかは終わるもの」という現実をふと思い返したからである。毎日少しずつログインして、毎日少しずつレベリングをしていると忘れがちになるものだが、こんな風に日々の鬱憤を忘れさせてくれるネトゲでも、いつかは配信が終了してしまうのだ、と。そう思うと、少し寂しくなってしまったのだ。

配信が終わったら、私の生活はどうなってしまうかな、と少し怖くなる。たかがネトゲとは言っても、これまでの数年間、私の趣味として随分と楽しませてくれたものだ。いつか終わるとわかってはいても、できるだけ長く続いて欲しい、とついつい期待してしまう。http://xn--cckvb8aib2jcb5h9c.com/

高齢ドライバーの運転技能検定の必要性

最近、高齢ドライバーの運転による自動車事故が多発しています。いずれの事故も、ブレーキとアクセルの踏み間違えが圧倒的多数を占めています。他には高速道路を逆走して事故を起こすケースや自分がどこを目指して運転しているのか分からなくなってしまい、自宅から遠く離れた地域で事故を起こすケースもあります。

なぜ高齢ドライバーの事故が急増しているのでしょうか。高齢ドライバーによる交通事故の急増に日本社会全体の高齢化と同時に認知症を患う人の増加が背景にあり、将来的には日本の普通免許所持者の割合の多くが高齢者によって占められる事になります。病院への通院や買い物など日常生活を送る上で自動車は欠かす事の出来ない移動手段となっているのです。その移動手段である車が時として凶器になってしまうのは実に残念な事です。一部では既に行われているようですが、上記の様な事故を防ぐために高齢者が免許を更新する際に認知症判定のテストを更に強化する必要があるのではないでしょうか。

従来通りのテストにプラスして実技の教習や判断力が順当であるか否かも詳細にテストし、それも一回のみの教習ではなく、一年に何セット受けたかや、定期的に実技を交えたカリキュラムを実施する等の工夫も必要です。その中で最も重要なのが「長年運転してきたから自分は大丈夫だ」という過信を無くすことです。身体能力と同様に自動車運転に必要な判断力や注意も齢を重ねる程に低下するのは必然ですし、過信を原因として事故を起こしてしまっては目も当てられません。自分で運転する事に不安を感じた、又は同乗者に指摘されたなら自分から免許証の返納を考える事も悲惨な交通事故を防ぐためにも重要です。各自治体や行政機関も返納者に無料のタクシー券やバスカードなどを配布する等、自家用車ではなくても外出しやすい環境を作る配慮があれば良いかと思います。

最後に、ドライバー自身だけではなく周囲の家族も無理な運転と事故を防ぐ意識が肝要であると付け足して置きます。

ヒゲ脱毛は、立川がおすすめです